箱の製造工程■

昔と今の桐材
箱のできるまで @板面仕上A C板面仕上B F面取り I箱の検品
Aのこ割り D角削り G箱割り
B箱の組立 E板面仕上C H中板貼り
 箱のできるまで  B 箱 の 組 み 立 て
・箱の組立

ノコ割で切断した状態の材料で、箱の側面を組み上げる。

接着にはボンドを使い、その材にゴムをかけて固めていく。
大きい箱は高周波による接着が可能な機械もあるので、瞬時に接着し短時間の作業が可能である。



小さい箱はボンドに固まる原料を混ぜダンゴ状にして粘着力を強めてゴムをかけないで組み上げる。


側面がよく固まった材に、次に天板・底板をそれぞれ張り合わせる。


そうしてできたサイコロ(立方体)の箱を、より強く接着するため何段にも重ねジャッキにはだんで、圧力をかけながら乾燥させる。