箱の製造工程■

昔と今の桐材
箱のできるまで @板面仕上A C板面仕上B F面取り I箱の検品
Aのこ割り D角削り G箱割り
B箱の組立 E板面仕上C H中板貼り
 箱のできるまで  D 角 削 り (手カンナ)
・角削り:手カンナ

角削りには、角面と底面の2種類があり、ほとんど手作業で行う。
これは、手に箱を持った時に、手触りをよくするために行う作業。


カンナは特殊なもので、箱により手カンナのかける回数をかえたり、角を大きく取ったり、丸く取ったりする。

また、角面の場合は刃の出が少なく、底面の場合は刃の出が多い。